ご訪問ありがとうございます。随時記事更新中!

クレジットカード

JCBカードの最高峰「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」の年会費や特典、審査基準などを徹底解説!

2021年1月10日

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)


ごーと
みなさんこんにちは。
ごーとです。

 

JCBカードの最高峰と称される JCB THE CLASS (ザ・クラス)を紹介します。

黒を基調としたカードフェイスからも、「ブラックカード」と呼ばれることもあり、希少価値が高いクレジットカードです。

JCBザ・クラス|カードフェイス

JCBザ・クラス|カードフェイス

JCB THE CLASS (ザ・クラス)は、インビテーションがないと発行することができないステータスカードであり、プレミアムな1枚にふさわしいサービスとおもてなしを堪能、体感することができます。

インビテーション到着の体験談

2021年JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション到着
JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション2021到着!申込からカード到着までの2週間を徹底解説!

この記事では、JCBザ・クラスの魅力やその最上位のステータスと価値について丁寧にわかりやすく徹底解説していきます。

\この記事はこんな人におすすめ/

✔ JCB THE CLASSに興味を持っている

✔ JCB THE CLASSの魅力や価値を知りたい

✔ ステータスカードを手に入れたい

この記事を読み終わった頃には、「JCB THE CLASS (ザ・クラス)」を保有してみたいと思えるのではないでしょうか



JCB THE CLASS(ザ・クラス)とは?

JCBザ・クラスは特別に招待された人にしか発行されないJCBカード最上位のステータスと価値を誇るクレジットカードです。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)

国産ブランドならではのJCBのおもてなしとサービス、より優雅な体験と安らぎをもたらしてくれるバラエティ豊かな特典がある最強の国産ブラックカードといえます。

基本情報(カードスペック)

国際ブランド JCB
年会費 55,000円(税込)
家族カード 無料(最大8枚まで発行可)
ETCカード 無料
ポイント OkiDokiポイント
ポイント還元 0.50%~0.85%
スマホ決済 QUICPay,ApplePay,GooglePay
利用限度額 350万~500万

カードフェイスのメインカラーはブラック。フェイス中央には、ゴールドに煌めく「JCB THE CLASS」の文字とその背後に鎮座するペガサス。

そして、カード右下には、ザ・クラスでしか見ることのできない箔押しゴールドのJCBロゴが配されています。

JCBザ・クラス|カードフェイス

JCBザ・クラス|カードフェイス

一目見ただけで高級感とハイステータスを感じさせるブラック&ゴールドのコントラスト。他のクレジットカードと並べると群を抜いて券面がかっこいい1枚となっています。

完全招待制の特別なカード

JCBザ・クラスは、JCBカード最上位のステータスと価値を誇る完全招待制のクレジットカードです。

年会費を払えば発行されるクレジットカードとは異なり、JCBから選ばれた特別な人にしか発行されない特別なカードとなっています。

JCBカード|オリジナルシリーズ

JCBカード|オリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、ランク別に5種類のカードラインアップがありますが、その最高峰に位置しているのがJCBザ・クラスです。

JCBザ・クラスは、JCBプラチナ、JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBゴールドを利用している方を対象に、JCB独自の基準に基づき、インビテーションが送られ、審査を無事にと手にすることができるのです。

「JCBプラチナ」とは?

JCBプラチナ
ザ・クラスを目指せる「JCBプラチナ」の審査基準やグルメベネフィットなどの豪華特典を徹底解説!

「JCBゴールド・ザ・プレミア」とは?

JCBゴールド・ザ・プレミア
JCBゴールドからのインビテーションで取得できる「JCBゴールド・ザ・プレミア」の招待条件と審査基準

「JCBゴールド」とは?

JCBゴールド
初年度年会費無料「JCBゴールド」の審査基準と特典を解説!ザ・プレミアへのインビテーション条件は?

ボクはJCBゴールドから修行を重ね、JCBゴールド・ザ・プレミア保有中にインビテーションが到着しました。

インビテーションはカード登録をしている住所あてに、下記のような少し豪華な案内状が郵送で到着します。

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

JCB THE CLASSインビテーション封筒|裏

JCB THE CLASSインビテーション封筒|裏

JCBからの招待(インビテーション)は原則として、年1回(毎年12月頃)と言われており、インビテーションの時期になると、毎年SNS等で話題になっています。

JCB THE CLASSの特典

JCBザ・クラスを保有する価値やメリットは本当に数え切れないほどあります。

まるで秘書を雇っているようなコンシェルジュサービス、年に1度もらえる厳選商品などが並ぶカタログギフト上質なレストランのコース料理が1名無料になるグルメベネフィット、手厚い各種保険など、使いこなせば生活の質が1ランク上がる特典が目白押しです。

JCBザ・クラスの会員ならではの素晴らしく魅力的な特典を1つずつ紹介していきます。

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

JCBザ・クラス会員は、ザ・クラス保有者専用に設置される「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」の利用ができ、まるで秘書を雇っているようなコンシェルジュサービスを体感することができます。

ザ・クラス・コンシェルジュデスクとは?

ザ・クラス・コンシェルジュ
JCBザ・クラスとJCBプラチナだけの限定特典「コンシェルジュデスク」の利用方法と体験談を紹介!

ザ・クラス・コンシェルジュデスクでは、国内外のホテルや、航空券、列車・レンタカーの手配など旅行に関する各種サポートやゴルフ場やチケット、レストランなどの各種エンターテイメントに関する相談をすることができます。

選ばれたザ・クラス会員だけが使える「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」は24時間365日利用可能となっており、可能な限りあらゆる要望に応えてくれます。

例えばこんな要望を・・・

・お店探し
(〇〇界隈の1人〇千円の個室レストランを予約したい)
(忘年会で使用する貸切可能な居酒屋を探してほしい)
・商品探し
(記念日にふさわしいプレゼントと花束を手配してほしい)
(〇千円程度の内祝いの品に適した商品を探してほしい)
・チケットの手配
(〇月〇日〇〇行の窓際座席の新幹線特急券を手配したい)
(スポーツ観戦の良席チケットを手配してほしい)
・旅行の相談
(時間のある深夜に家族旅行について相談したい)
(パリでオペラを鑑賞してあのホテルに泊まりたい)

コンシェルジュを活用すれば、誰にでも1日24時間しかない貴重な時間を節約できることになります。また、様々な場面でJCBザ・クラスのパワーが発揮されます


ザ・クラス・メンバーズ・セレクション

厳選されたアイテムの中から、年に1度だけ好きな商品やサービスを選べる、ザ・クラス保有者だけの特別なサービスです。

毎年、3月から4月頃に「THE CLASS MEMBERS SELECTION」という小冊子(カタログギフトのようなもの)が到着します。

ザ・クラス・メンバーズセレクションとは?

JCBザ・クラス メンバーズセレクション
「メンバーズセレクション2021」JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)会員への特別なプレゼントの内容を紹介!

厳選された商品が並ぶ「ギフトコース」旅行やパークチケットが揃った「エンターテイメントコース」の2種類から好きなものを選べます。

どちらも内容は豪華で、2万~3万するほどの商品もあり、年会費の半分を回収することができます。

ディズニーリゾートのラウンジ利用

JCBザ・クラス会員は、東京ディズニーランドや東京ディズニーシー内のVIPラウンジにアクセスすることができます。

限られた人しかアクセスできないラウンジ内には、キッズスペースや無料のドリンクサービスがあり、ゆっくりと贅沢にくつろぐことができます。

ラウンジで休憩したあとは、そのままアトラクションの搭乗口へ行ける優先搭乗が可能なので、待ち時間がなくVIP待遇を受けることができます。

ラウンジの設置場所

東京ディズニーランド
 スターツアーズ(優先搭乗可能)
・東京ディズニーシー
 ニモ&フレンズ・シーライダー(優先搭乗可能)

USJのラウンジ利用

JCBザ・クラス会員は、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)内のVIPラウンジにアクセスすることができます。

限られた人しかアクセスできないラウンジ内には、キッズスペースや無料のドリンクサービスがあり、ゆっくりと贅沢にくつろぐことができます。

ラウンジで休憩したあとは、そのままアトラクションの搭乗口へ行ける優先搭乗が可能なので、待ち時間がなくVIP待遇を受けることができます。

ラウンジの設置場所

・ユニバーサルスタジオジャパン
 ザ・フライング・ダイナソー(優先搭乗可能)

プライオリティパス

JCBザ・クラス会員は、プライオリティパス(Priority Pass)がサービスとして付帯します。

プライオリティパス(Priority Pass)は、世界約148の国や地域、600を越える都市の1,300か所以上の空港ラウンジなどを無料で利用できる会員制のサービスです。

混雑する空港ターミナルの喧騒から逃れ、ゆっくりとくつろぐ時間は旅の癒しであり、優越感に浸ることができます。

ダニエル・K・イノウエ国際空港

ダニエル・K・イノウエ国際空港

通常429$の年会費がかかるプレステージ会員に無料(年会費はJCBが全額負担)でなることができます

「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」への電話1本で、約2週間後に自宅にプライオリティパス(Priority Pass)が届きます。

海外旅行が優雅になること間違いなしのサービスの1つです。

グルメ・ベネフィット

JCBザ・クラス会員は、日本国内のJCBが厳選したレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料となる優待サービスを受けることができます。

対象となるのは、北海道エリアから九州エリアまで全国約130か所の厳選されたレストラン。和食、フレンチ、イタリアンまでハイクラスなお店が勢揃いしており、プライベートな会食やビジネスでの接待に活用できます。

グルメ・ベネフィットとは?

JCBが誇る最強のグルメ特典「グルメ・ベネフィット2021」の内容と使い方を徹底解説!

国内旅行傷害保険

JCBザ・クラス会員は、カードご利用の有無にかかわらず、国内旅行中の事故によるケガを補償されます。本会員同様、家族会員の方にも適用されます。

旅行出発前の保険に関する手続きは一切不要となっており、かなり手厚い補償が用意されています。具体的な補償内容は下記のとおりです。

こんな場面で補償

・航空機や電車などの公共交通機関での傷害事故
・旅館・ホテル宿泊中の火災・爆発による傷害事故
・宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の傷害事故
国内旅行傷害保険
補償内容 本会員・家族会員
死亡・後遺障害 最高
1億円
入院保険金 日額
5,000円
手術保険金※ 5,000円
(10~40倍)
通院 日額
2,000円
※手術に応じて定められた倍率
(10倍、20倍または40倍)を乗じた金額
補償は1事故につき1回が限度

海外旅行傷害保険

JCBザ・クラス会員は、海外旅行中の事故や病気、ケガ、携行品の盗難などが補償されます。

本会員・家族会員に適用されるだけではなく、生計を共にする19歳未満の子どもに対しては、家族特約サービスもあります。

旅行出発前の保険に関する手続きは一切不要となっており、安心して海外旅行が楽しめる補償内容になっており、かなり手厚い補償が用意されています。具体的な補償内容は下記のとおりです。

こんな場面で補償

・旅行中の事故や病気・ケガをしたとき
・旅行中に携行品の盗難にあったとき
・旅行中に事故で損害賠償を請求されたとき
・旅行中に救助が必要になったとき
海外旅行傷害保険
補償内容 本会員
家族会員
家族特約
対象者
傷害による
死亡・後遺障害
最高
1億円
最高
1,000万円
傷害による
治療費用
限度額
1,000万円
限度額
200万円
疾病による
治療費用
1旅行につき
限度額100万円
1旅行につき
限度額50万円
賠償責任 限度額
1億円
限度額
2,000万円
携行品損害※ 1旅行につき
限度額100万円
1旅行につき
限度額50万円
救援者費用等 限度額
1,000万円
限度額
200万円
※限度額は年間100万円まで
1事故につき自己負担額3,000円


その他の特典

JCBザ・クラスを保有する価値やメリットはこれまで説明してきたもの以外にも数え切れないほどあります。ジャンル別にその他の特典についてすべて紹介します。

会員情報誌

「JCB THE PREMIUM」
(本物を知る大人にふさわしい旅・食・趣味・地域情報やJCBのキャンペーン・チケット情報などを掲載した冊子が毎月届きます)
「PREMIUM LEON for JCB THE CLASS」
(雑誌「LEON」の協力によるザ・クラス会員だけに作られた特別版「PREMIUM LEON for JCB THE CLASS」が年に1回届きます)

保険

国内・海外航空機遅延保険
(航空便利用時の出航遅延で生じた飲食費、手荷物が遅延・紛失した際に補償される保険)
ショッピングガード保険
(国内外でのJCBカードでの購入品に対して、破損や盗難などの損害が補償される保険)
ゴルファー保険
(ゴルフプレー中のさまざまなリスクを補償する保険)

グルメ

ザ・クラス名食倶楽部
(JCBザ・クラス会員限定のグルメイベント「ザ・クラス 名食倶楽部」を関東・関西で開催)
一匙(ひとさじ)
(会員制・紹介制の飲食店や通常は入店できない、住所非公開の飲食店など隠れた名店を予約・利用できるサービス)
京爛漫
(上質な京都を楽しむための選りすぐりの名店で各種優待サービスが受けられるパンフレットがもらえる)

トラベル

空港ラウンジサービス
(国内の主要空港、ハワイホノルルの国際空港内にあるラウンジを無料で利用できる)
JCBLonuge京都
(京都駅ビル内に設置されている会員専用のラウンジを無料で利用できる)
JCBプレミアムステイプラン
(日本各地の上質なホテルや旅館に宿泊できるJCB特別の宿泊プランを利用できる)
海外ラグジュアリーホテルプラン
(世界各地のラグジュアリーなホテルに様々な特典つきで宿泊できる優待プランを利用できる)

エンターテイメント

東京ディズニーリゾートバケーションパッケージ
(ディズニーホテルの宿泊と、滞在期間中のパークチケット、オリジナルグッズなどをセットにしたオリジナルの宿泊プランを利用できる)
ディズニーホテルスイートルーム優待
(ディズニーホテルのスイートルームを最大40%割引の優待価格で利用できる)
JCBチケットサービス
(コンサート、演劇、イベントなどの先行受付や良席保証などの優待付き公演の案内)
ゴルフエントリーサービス
(全国約1,200か所のゴルフ場のプレー予約を電話で対応してもらえる)

ライフ

ドクターダイレクト24
(経験豊かな医師、保健師、看護師などの相談スタッフがメンタルヘルスに関する全般的な相談に24時間365日無料で応じてくれる)
健康チェックサービス
(検体を郵送するだけで自宅にいながら健康チェックができるサービスを優待価格で利用できる)
人間ドックサービス
(全国の優良医療機関と連携して、人間ドックを優待料金で利用できる)
JCB暮らしのお金相談ダイヤル
(日常生活にまつわる税務・年金・資産運用などについて無料で相談できる)
ゴールドフラワーサービス
(誕生日や記念日に優待価格で指定先にお花を届けてくれるサービス)

JCB THE CLASSのインビテーション

JCBザ・クラスを取得するためには、JCBからの招待(インビテーション)を受ける必要があります。

インビテーションを受けるための条件や審査基準について解説していきます。

JCBの審査基準・招待基準

JCBの公式サイトには、招待基準等は一切示されておらず、「ご入会はJCBからご案内します」とだけ記載があります。

審査基準や招待基準は公表されていませんが、ボクの経験談や知人から情報収集した事実を元にJCBから審査基準・招待基準を考察してみました。

インビテーションを受けるのに必要と思われるステータスは下記のとおりです。重要と思われる順番にステータスを並べています。

ステータス 条件
年齢 30歳以上
JCBカード
利用実績
年間利用額
200~300万
JCBカード
保有年数
最短で2~3年
(長いほどいい)
支払遅延
の有無
過去5年間で
遅延等がない
職業 継続的安定収入
が得られる職業
年収 600万程度以上

まず、必ず必要と思われるステータスは年齢です。30歳以上にならないとインビテーションは届かない。といって間違いないと思われます。

ボクは20代の頃から、JCBザ・クラスを目指して、JCBゴールドからJCBカードデビューをしましたが、30歳の誕生日を迎えてからインビテーションが届きました。

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

また、JCBオリジナルシリーズのJCBゴールドの申込要件は20歳以上であり、JCBプラチナの申込要件は25歳以上であることから、JCBザ・クラスは30歳以上なのではないか(年齢要件は5歳ずつ上がっている)と考察できます。


JCB OS
カード種類
申込時
年齢要件
JCBゴールド 20歳以上
JCBプラチナ 25歳以上
JCBザ・クラス 30歳以上?

次に、必ず必要と思われるステータスはJCBカードの利用実績です。年間の利用額が200~300万程度の利用者に多くのインビテーションが届いているようです。

ボクもインビテーションを受ける過去2年間で500万強の利用(JCB STAR MEMBERSのロイヤルαPLUSを1回達成)をしました。

下記記事では、インビテーションまでの決済履歴などを公開していますので、ぜひご覧ください。

インビテーションまでの決済履歴

JCBザ・クラス|決済履歴
JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション到着までの決済額と決済履歴を大公開!審査基準を徹底解説!

そして、利用実績と同様に重要視されていると思われるステータスはJCBカードの保有年数です。

2~3年JCBカードを保有し、年間200~300万円程度の利用実績を積むのが、ザ・クラスへの最短ルートと言えるでしょう。ボクも約3年でインビテーションを受け、ザ・クラス発行に至りました。

JCB THE CLASSカード到着封筒|表

JCB THE CLASSカード到着封筒|表

その一方、ボクの知人で、年間利用実績こそ100万円程度なのに、JCBカードを10年利用した結果、インビテーションが届いたという事例もあるので、保有年数の長さはインビテーションの基準の1つになっていると思われます。

最後に、JCBザ・クラスに限らず必要なステータスですが、過去5年間に支払い遅延等が頻繁にないことです。

過去5年間というのは、CICが保管する信用情報が5年間残るということに由来します。

インビテーションを受けたのに、支払い遅延等が多く、審査には落ちたという人もいるので、信頼性がない人はザ・クラスを保有することは難しそうです。

CICとは?

信用情報を管理している個人信用情報機関の1つ。クレジットやローン利用に関する情報を加盟企業から収集し、管理・提供している。延滞情報と債務整理が5年間、多重申込が六ヶ月登録される。

職業や年収については、ボクがインビテーションを受けるくらいですから、そこまで厳しい条件ではないと思われます。

JCBゴールドやJCBプラチナの申込要件と同様に「安定継続収入のある方」を前提に、600万円程度の年収が基準なのではないかと考察していますが、年収よりもJCBへの愛(保有年数や利用金額)が重要視?されるのではないでしょうか。

インビテーションの時期

ある一定の審査基準・招待基準によって、JCBはJCBザ・クラスへのインビテーションを送ってきます。

そのインビテーションの時期は、原則として年1回とされており、毎年11月~12月にかけて到着するケースが多いです。

到着時期
2016 11月上旬
2017 11月上旬
2018 11月下旬
2019 12月上旬
2020 12月上旬
2021 2月上旬


JCB THE CLASSの取得方法

JCBザ・クラスを取得するためには、JCBからの招待(インビテーション)を受ける必要があります。そのインビテーションを受けるための方法、取得ルートをご紹介します。

まず、JCBオリジナルシリーズのクレジットカードを作るところからザ・クラスへの第一歩が始まります

ボクが辿ったルートであるJCBゴールドルートとJCBプラチナルートの2つを紹介しておきますので参考にしてみてください。

JCBゴールドから修行を積む

JCBオリジナルシリーズの「JCBゴールド」を発行し、「JCBゴールド・ザ・プレミア」のインビテーションを経由して、コツコツと利用実績を積み上げていく方法です。JCBオリジナルシリーズ

このルートは「JCBプラチナ」が登場する前の王道ルートであり、ボクもこのルートを辿って、ザ・クラスを手に入れることができました。

JCBゴールドの申込要件は、20歳以上となっており、社会人になりたての方でも作成することができます。まずは、JCBゴールドを作成し、利用実績を積み上げていきましょう。

初年度年会費無料のJCBゴールド

JCBゴールド
初年度年会費無料「JCBゴールド」の審査基準と特典を解説!ザ・プレミアへのインビテーション条件は?

JCBゴールドを取得したら、とにかく使い倒すことがポイントです。ボクは携帯料金をはじめとした固定費用は、すべてJCBゴールドでの決済を行いました。

JCBゴールドは100万円以上の利用を2年間継続すると、「JCBゴールド ザ・プレミア」というワンランク上のゴールドカードに切り替えることができます

「JCBゴールド・ザ・プレミア」とは?

JCBゴールド・ザ・プレミア
JCBゴールドからのインビテーションで取得できる「JCBゴールド・ザ・プレミア」の招待条件と審査基準

JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件

・JCBゴールド利用合計金額(期間|12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上
・本会員の方が会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」に受信可能なEメールアドレスを登録していること

上記要件を満たすと、JCBからメールにてインビテーションが届きます。実際にボクが受け取ったインビテーションメールを紹介しておきます。

「JCBゴールド ザ・プレミア」インビテーションメール

「JCBゴールド ザ・プレミア」インビテーションメール

「JCBゴールド ザ・プレミア」へ切り替わったら、あとは利用実績を積み上げていくのみです。少額でも構わないので、とにかくコツコツとJCBへの愛を決済でアピールしていきましょう。

なお、「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待は、JCB金融機関のキャッシュカード機能付きクレジットカードやJCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ、JCBゴールド/PARTNER WITH POINT、JCB GOLD EXTAGE、JCB CARD W、JCB CARD W plus L、JCB CARD Bizなどは対象外なので、注意が必要です。

JCBプラチナから修行を積む

JCBオリジナルシリーズの「JCBプラチナ」を発行し、コツコツと利用実績を積み上げていく方法です。

JCBオリジナルシリーズ

このルートは「JCBプラチナ」が登場した2017年10月以降に作られたルートです。

JCBプラチナの申込要件は、25歳以上となっており、このルートはプレミアムなカードを持ちながらザ・クラスを目指したいという社会人にオススメです。

「JCBプラチナ」とは?

JCBプラチナ
ザ・クラスを目指せる「JCBプラチナ」の審査基準やグルメベネフィットなどの豪華特典を徹底解説!

JCBプラチナを取得したら、とにかく使い倒しましょう。ボクがオススメする使い方は、携帯料金をはじめとした固定費用をJCBプラチナで決済するだけではなく、職場をうまく活用することです。職場で飲み会があったら、幹事への立候補を率先して行いましょう。

基本的に幹事をやりたいとは思う人は少ないと思うので、みんなに喜ばれると同時に、みんなのお金で決済金額をしっかりと積み上げることが出来るのです。

センスある店選びができれば、職場での評価も上がります。すると、また幹事の役回りが回ってくること間違いなしです(笑)

JCB THE CLASSのポイント還元

クレジットカードで気になるのが、決済金額に応じて貯まっていくポイント。

JCBザ・クラスで貯まっていく「OkiDokiポイント」について、解説していきます。

OkiDokiポイント

JCBザ・クラスで決済を行うと、決済金額1,000円ごとにOkiDokiポイントが1ポイント(5円相当)が付与されます。

なお、1回の利用金額が1,000円未満であっても、「毎月の利用分の合計金額」でポイント還元されるため、買い物時の端数を気にせず無駄なく貯めることができます。

ポイントの有効期限はカードの種類により下記のとおりとなっています。ザ・クラスは5年間となっているため、ゆっくりとじっくり貯めていくことができます。

カードの種類 有効期限
JCB一般カード 2年
JCBゴールド 3年
JCBゴールド・ザ・プレミア 5年
JCBプラチナ 5年
JCBザ・クラス 5年

貯まったポイントは楽天ポイントやdポイントなどの他社ポイントに交換したり、JALやANAなどのマイルに交換したり、JCBが提供するカタログの中から好きな商品を選んで交換することも可能です。

また、クレジットの利用金額に充当したり、Amazonでの買い物に使ったりも可能です。

ボクはたまにJCBギフトカードに交換することがあります。実際にボクが交換した体験談は、下記の記事で紹介しています

ポイントを使った景品交換の体験談

OkiDokiポイントの基本
「OkiDokiポイント」とは?還元率やおすすめのポイント交換先などを体験談を交えて詳しく解説!

交換レートは商品によって異なるため、Oki Dokiポイントの価値は交換する際に決まります。自分自身のライフスタイルに合った便利な使い道を選択しましょう。

お得な貯め方と使い方

OkiDokiポイントは、決済金額1,000円ごとに1ポイント(5円相当)が付与されるため、通常還元率は0.5%です。

しかし、JCBでは、「JCB STAR MEMBERS」というメンバーシップサービスがあり、1年間(12月16日〜翌年12月15日までの期間)の利用額が一定以上の場合に、次年度以降のポイント還元率がアップします。

利用額 メンバーランク ポイントUP
30万以上 スターePLUS 20%
50万以上 スターβPLUS 30%
100万以上 スターαPLUS 60%
300万以上 ロイヤルαPLUS 70%

年間利用額の応じて、還元率は最大0.85%にまで上げることができます。

また、下記のようなJCBポイント優良店(JCBオリジナルシリーズパートナー)で利用することでポイントアップします。ここで紹介するのは一部ですが、ポイントを効率よく貯めることができます。

優良店 ポイントUP
スターバックスコーヒー 10倍
オリックスレンタカー 6倍
ビックカメラ 5倍
洋服の青山・AOKI 5倍
高島屋 3倍
セブンイレブン 3倍
モスバーガー 2倍
ドミノピザ 2倍
成城石井 2倍
ウェルシア 2倍

また、ネットショッピングをよく利用する人は、OkiDokiポイントサイト経由で下記ショップで買い物することで、ポイントが最大20倍になります。ここで紹介するのは一部ですが、ポイントを効率よく貯めることができます。

優良店 ポイントUP
ノートンストア 20倍
成城石井.com 11倍
ショップジャパン 10倍
スーツセレクトオンライン 5倍
イトーヨーカドーネット通販 5倍
LOFTネットストア 5倍
DHCオンラインショップ 5倍
オイシックス 4倍
Amazon 2倍~9倍
楽天 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍


JCB THE CLASSが向いている人

「JCBザ・クラス」は、JCBが特別だと判断した人だけが招待されるJCB最上位のステータスと価値を持つクレジットカードです。

他のブラックカードを比べれば、年会費は格安ですが、されど年会費は55,000円(税込)。どんな人が向いているのでしょうか。

多忙な日々を過ごす人

JCBザ・クラス保有者は、24時間365日利用可能な「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」を利用することができます。

秘書を雇っているようなコンシェルジュサービスをいつでも利用することができるため、多忙な日々を過ごす人にオススメです。

国内外のホテルや、航空券、列車・レンタカーの手配など旅行に関する各種サポートやゴルフ場やチケット、レストランなどの各種エンターテイメントに関することは全て「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」にお任せできます。

その他の相談事項や要望についても、可能な限り対応してくれるので、1日24時間しかない貴重な時間を節約することができます。

ステータスカードが欲しい人

「JCBザ・クラス」は、完全招待制のクレジットカードです。

インビテーションカードだけあって、券面が放つステータス性とラグジュアリーな雰囲気はJCBザ・クラスの強みです。

ボクがJCBザ・クラスを目指した理由の1つでもあります。

JCBザ・クラス|カードフェイス

JCBザ・クラス|カードフェイス

決済時の店員さんからの視線や稀に声をかけられたりすることもあり、優越感に浸ることができたり、JCBザ・クラス所有者としてふさわしい大人にならねばと日々のモチベーションになったりします。

ブラックカードは自己満足の世界と言われますが、完全招待制のクレジットカードを保有することで、お金では買えない何かを感じることが出来るとボクは思っています。

ディズニー&USJが好きな人

JCBザ・クラス保有者は、ディズニーリゾートやUSJでVIPラウンジにアクセスすることができます

一般のゲストとは隔てられた空間で、ゆっくりと贅沢にくつろぎながら、無料のドリンクサービスを受けることができます。

ひと休みした後は、そのままアトラクションの優先搭乗口へ。こんな気分がいいことはありません(笑)

また、年に1度送られてくる「THE CLASS MEMBERS SELECTION」ではパークチケットをもらうこともできます。

ディズニーやUSJファンにはたまらない特典が詰まってるため、目指す価値は十分あるかと思います。

JCB THE CLASSが向いていない人

これまで、JCBザ・クラスの魅力について説明してきました。しかし、ライフスタイルによってはJCBザ・クラスが向いていない人もいると思います。どんな人が向いていないのかを解説していきます。

ポイント還元率を最優先する人

JCBザ・クラスを保有すると、他のクレジットカードでは味わうことの出来ない優越感や、貴重な体験をすることができます。

その一方で、ポイント還元率至上主義の人にとっては、JCBザ・クラスでは物足りなさを感じてしまうのも事実です。

とにかくポイント還元率だけを気にする人は、楽天カードなどを使い倒すことをオススメします。

JCBブランド以外を希望する人

JCBは日本が世界に誇る国際クレジットブランドです。

しかし、国際ブランドの世界シェアはVISAとMasterCardが大半を占めており、海外に行くとJCBが使えないお店がたまにあります。

JCBの海外の加盟店は近年では拡大しているものの、クレジットカードを作るなら絶対にVISAとMasterCardがいい!!といった人はJCBザ・クラスを目指すのは諦めるしかないです・・

ステータスカードをすぐ欲しい人

JCBザ・クラスは、年会費を払えば作れるカードではなく、取得まで最短でも2~3年程度の時間を要します。同時に、一定の決済額を積み上げなければなりません。

時間をかけて手にするJCBザ・クラスだからこそ、その価値とステータスが生まれ、愛着が沸くものですが、今すぐにステータスカードが欲しいという人には目指すのが厳しいカードです

 

この記事では、選ばれた人にしか招待(インビテーション)されない、JCBカードの最高峰と称される「JCB THE CLASS (JCBザ・クラス)」について紹介しました。

みなさんもぜひ、「JCBザ・クラス」を目指し、プレミアムな1枚にふさわしいサービスとおもてなしを堪能、体感してみてはいかがでしょうか。

ごーと
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。他の記事もよかったらのぞいてみてください。よろしくお願いいたします。

-クレジットカード

© 2020 toushiseikatsu365 All right reserved.