ご訪問ありがとうございます。随時記事更新中!

クレジットカード

JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション到着までの決済額と決済履歴を大公開!審査基準を徹底解説!

2021年6月12日

JCBザ・クラス|決済履歴



ごーと
みなさんこんにちは。
ごーとです。

 

ボクは、JCBカードの最高峰と称される JCB THE CLASS (ザ・クラス)を愛用しています。

黒を基調としたカードフェイスからも、「ブラックカード」と呼ばれることもあり、希少価値が高いクレジットカードです。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)

JCB THE CLASS (ザ・クラス)は、JCBからのインビテーションがないと発行することができないステータスカードであり、プレミアムな1枚にふさわしいサービスとおもてなしを堪能、体感することができます。

この記事では、インビテーション到着までの決済履歴など、JCB THE CLASS (JCBザ・クラス)を手にするまでの軌跡を紹介していきたいと思います。

\この記事はこんな人におすすめ/

✔ JCB THE CLASSに興味を持っている

✔ インビテーションの審査基準を知りたい

✔ 審査基準となる決済額について知りたい

この記事を読み終わった頃には、JCB THE CLASS (JCBザ・クラス)を保有してみたいと思えるのではないでしょうか

それでは、インビテーション到着までの実際の決済履歴やカードの魅力などを丁寧にわかりやすく徹底解説していきます。







JCB THE CLASS(ザ・クラス)とは?

JCBザ・クラスは特別に招待された人にしか発行されないJCBカード最上位のステータスと価値を誇るクレジットカードです。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)

国産ブランドならではのJCBのおもてなしとサービス、より優雅な体験と安らぎをもたらしてくれるバラエティ豊かな特典がある最強の国産ブラックカードといえます。

基本情報(カードスペック)

国際ブランド JCB
年会費 55,000円(税込)
家族カード 無料(最大8枚まで発行可)
ETCカード 無料
ポイント OkiDokiポイント
ポイント還元 0.50%~0.85%
スマホ決済 QUICPay,ApplePay,GooglePay
利用限度額 350万~500万

カードフェイスのメインカラーはブラック。フェイス中央には、ゴールドに煌めく「JCB THE CLASS」の文字とその背後に鎮座するペガサス。

そして、カード右下には、ザ・クラスでしか見ることのできない箔押しゴールドのJCBロゴが配されています。

JCBザ・クラス|カードフェイス

JCBザ・クラス|カードフェイス

一目見ただけで高級感とハイステータスを感じさせるブラック&ゴールドのコントラスト。他のクレジットカードと並べると群を抜いて券面がかっこいい1枚となっています。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)ついては、下記の記事でカードの特典内容などについて、詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください

JCB THE CLASSとは?

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)
JCBカードの最高峰「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」の年会費や特典、審査基準などを徹底解説!

 

完全招待制の特別なカード

JCBザ・クラスは、JCBカード最上位のステータスと価値を誇る完全招待制のクレジットカードです。

年会費を払えば発行されるクレジットカードとは異なり、JCBから選ばれた特別な人にしか発行されない特別なカードとなっています。

JCBカード|オリジナルシリーズ

JCBカード|オリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、ランク別に5種類のカードラインアップがありますが、その最高峰に位置しているのがJCBザ・クラスです。

JCBザ・クラスは、JCBプラチナ、JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBゴールドを利用している方を対象に、JCB独自の基準に基づき、インビテーションが送られ、審査を無事に通過すると手にすることができるのです。



インビテーションまでの決済履歴

ごーと
実際にボクがJCBザ・クラスを目指してから、インビテーションが到着するまでの決済履歴を公開します。

ボクはJCBゴールドから修行を重ね、JCBゴールド・ザ・プレミア保有中にインビテーションが到着しました。

JCBゴールド時代の決済履歴

ボクのJCBデビューはJCBゴールドでした。当時、人生で初めてゴールドカードの申込をして、審査に通るかどうかワクワクしながら待っていたことを記憶しています。

JCBゴールド到着

JCBゴールド到着

審査期間は約1週間。審査を無事に通過し、JCBゴールドが発行され、JCBザ・クラスへの第一歩を踏み出したのです!

「JCBゴールド」とは?

JCBゴールド
初年度年会費無料「JCBゴールド」の審査基準と特典を解説!ザ・プレミアへのインビテーション条件は?

「社会人になったらゴールドカードを持つんだ!」と学生時代から持っていた小さな夢が叶った瞬間は今でも鮮明に覚えています

JCBゴールド|カードフェイス

JCBゴールド|カードフェイス

カードフェイスのメインカラーはゴールド。落ち着いたデザインの券面で、かっこいい1枚となっています。

JCBゴールドが手元に届いてからは、コンビニでの小さな買い物なども含めて、JCBゴールドによる決済を心掛けました。

また、職場で飲み会などがあったら、幹事への立候補を率先して行いましょう。

副業・副収入

歓送迎会や暑気払いなど会社のイベントをひたすらにJCBカードで決済するのです。

基本的に幹事をやりたいとは思う人は少ないと思うので、みんなに喜ばれると同時に、みんなのお金で決済金額をしっかりと積み上げることができます。

JCBカード歴 決済金額 累計決済額
1ヶ月 49,459円 49,459円
2ヶ月 145,629円 195,088円
3ヶ月 194,601円 389,689円
4ヶ月 306,416円 696,105円
5ヶ月 400,089円 1,096,203円
6ヶ月 190,480円 1,286,683円
7ヶ月 77,410円 1,364,093円
8ヶ月 319,951円 1,684,044円
9ヶ月 183,750円 1,867,794円
10ヶ月 122,378円 1,990,172円
11ヶ月 107,644円 2,097,816円
12ヶ月 217,647円 2,315,463円
13ヶ月 114,810円 2,430,273円
14ヶ月 248,504円 2,678,777円
15ヶ月 67,496円 2,746,273円
16ヶ月 217,710円 2,964,013円
17ヶ月 56,310円 3,020,323円
18ヶ月 132,751円 3,153,074円
19ヶ月 111,456円 3,264,530円
20ヶ月 149,291円 3,413,821円
21ヶ月 121,631円 3,535,452円
22ヶ月 57,736円 3,593,188円
23ヶ月 79,572円 3,672,760円
「JCBゴールド・ザ・プレミア」インビテーション

JCBゴールド保有中は、分割払いやリボ払いなどは一切せず、全て一括払いの決済を行いました。

また、公共料金支払いや携帯電話の支払いなどもJCBゴールドに集約し、決済額をコツコツと積み上げることを意識していました。

JCBゴールド・ザ・プレミア時代の決済履歴

JCBゴールドデビューを果たしてから、約2年。

JCBから「JCBゴールド ザ・プレミア」のご招待と題されたインビテーションメールが到着しました。

「JCBゴールド ザ・プレミア」インビテーションメール

「JCBゴールド ザ・プレミア」インビテーションメール

遂に、JCBゴールドからワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」を手にする日が来たのです。

JCBゴールド・ザ・プレミア|カードフェイス

JCBゴールド・ザ・プレミア|カードフェイス

JCBゴールドと比べると、券面全体が落ち着いており、より高級感が感じられるデザインとなっています。

JCBゴールド・ザ・プレミアを手にしてからも、細かい支払いなども含めて、クレジット決済を心掛けました。

また、家賃をカード決済できるようにしたため、一気に決済を積み上げることに成功しました。

JCBカード歴 決済金額 累計決済額
24ヶ月 307,511円 3,980,271円
25ヶ月 216,928円 4,197,199円
26ヶ月 933,148円 5,130,347円
27ヶ月 216,905円 5,347,252円
28ヶ月 137,896円 5,485,148円
29ヶ月 195,690円 5,680,838円
30ヶ月 219,744円 5,900,528円
31ヶ月 110,369円 6,010,897円
32ヶ月 413,266円 6,424,163円
33ヶ月 152,105円 6,576,268円
34ヶ月 400,633円 6,976,901円
35ヶ月 176,977円 7,153,878円
「JCB ザ・クラス」インビテーション

JCBゴールドから、約3年の月日を経て、念願のザ・クラスのインビテーションが届きました

例年、インビテーションは、11月~12月頃となっていたため、また来年かなと思っていた頃、まさかのインビテーションでした。

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

インビテーション到着から申込、カード到着までの体験談は下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

インビテーション到着の体験談

2021年JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション到着
JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション2021到着!申込からカード到着までの2週間を徹底解説!

JCB THE CLASS(ザ・クラス)の審査基準

JCBザ・クラスを取得するためには、JCBからの招待(インビテーション)を受ける必要があります。

年会費を払えば取得できる通常のクレジットカードとは違い、JCBザ・クラスは完全招待制の特別なクレジットカードとなっています。

JCBの審査基準・招待基準

JCBの公式サイトには、招待基準等は一切示されておらず、「ご入会はJCBからご案内します」とだけ記載があります。

審査基準や招待基準は公表されていませんが、ボクの経験談や知人から情報収集した事実を元にJCBから審査基準・招待基準を考察してみました。

インビテーションを受けるのに必要と思われるステータスは下記のとおりです。重要と思われる順番にステータスを並べています。

ステータス 条件
年齢 30歳以上
JCBカード
利用実績
年間利用額
200~300万
JCBカード
保有年数
最短で2~3年
(長いほどいい)
支払遅延
の有無
過去5年間で
遅延等がない
職業 継続的安定収入
が得られる職業
年収 600万程度以上

まず、必ず必要と思われるステータスは年齢です。30歳以上にならないとインビテーションは届かない。といって間違いないと思われます。

ボクは20代の頃から、JCBザ・クラスを目指して、JCBゴールドからJCBカードデビューをしましたが、30歳の誕生日を迎えてからインビテーションが届きました。

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

JCB THE CLASSインビテーション封筒|表

また、JCBオリジナルシリーズのJCBゴールドの申込要件は20歳以上であり、JCBプラチナの申込要件は25歳以上であることから、JCBザ・クラスは30歳以上なのではないか(年齢要件は5歳ずつ上がっている)と考察できます。

JCB OS
カード種類
申込時
年齢要件
JCBゴールド 20歳以上
JCBプラチナ 25歳以上
JCBザ・クラス 30歳以上?

次に、必ず必要と思われるステータスはJCBカードの利用実績です。年間の利用額が200~300万程度の利用者に多くのインビテーションが届いているようです。

ボクもインビテーションを受ける過去2年間で500万強の利用(JCB STAR MEMBERSのロイヤルαPLUSを1回達成)をしました。

そして、利用実績と同様に重要視されていると思われるステータスはJCBカードの保有年数です。

2~3年JCBカードを保有し、年間200~300万円程度の利用実績を積むのが、ザ・クラスへの最短ルートと言えるでしょう。ボクも約3年でインビテーションを受け、ザ・クラス発行に至りました。

JCB THE CLASSカード到着封筒|表

JCB THE CLASSカード到着封筒|表

その一方、ボクの知人で、年間利用実績こそ100万円程度なのに、JCBカードを10年利用した結果、インビテーションが届いたという事例もあるので、保有年数の長さはインビテーションの基準の1つになっていると思われます。

最後に、JCBザ・クラスに限らず必要なステータスですが、過去5年間に支払い遅延等が頻繁にないことです。

過去5年間というのは、CICが保管する信用情報が5年間残るということに由来します。

インビテーションを受けたのに、支払い遅延等が多く、審査には落ちたという人もいるので、信頼性がない人はザ・クラスを保有することは難しそうです。

CICとは?

信用情報を管理している個人信用情報機関の1つ。クレジットやローン利用に関する情報を加盟企業から収集し、管理・提供している。延滞情報と債務整理が5年間、多重申込が六ヶ月登録される。

職業や年収については、ボクがインビテーションを受けるくらいですから、そこまで厳しい条件ではないと思われます。

JCBゴールドやJCBプラチナの申込要件と同様に「安定継続収入のある方」を前提に、600万円程度の年収が基準(当時ボクの届出年収は570万円)なのではないかと考察していますが、年収よりもJCBへの愛(保有年数や利用金額)が重要視?されるのではないでしょうか。

インビテーションの時期

ある一定の審査基準・招待基準によって、JCBはJCBザ・クラスへのインビテーションを送ってきます。

そのインビテーションの時期は、原則として年1回とされており、毎年11月~12月にかけて到着するケースが多いです。

到着時期
2016 11月上旬
2017 11月上旬
2018 11月下旬
2019 12月上旬
2020 12月上旬
2021 2月上旬




JCB THE CLASSの取得方法まとめ

JCBザ・クラスを取得するためには、JCBからの招待(インビテーション)を受ける必要があります。そのインビテーションを受けるための方法、取得ルートをご紹介します。

まず、JCBオリジナルシリーズのクレジットカードを作るところからザ・クラスへの第一歩が始まります

ボクが辿ったルートであるJCBゴールドルートとJCBプラチナルートの2つを紹介しておきますので参考にしてみてください。

JCBゴールドから修行を積む

JCBオリジナルシリーズの「JCBゴールド」を発行し、「JCBゴールド・ザ・プレミア」のインビテーションを経由して、コツコツと利用実績を積み上げていく方法です。

このルートは「JCBプラチナ」が登場する前の王道ルートであり、ボクもこのルートを辿って、ザ・クラスを手に入れることができました。

JCBゴールドの申込要件は、20歳以上となっており、大学生や社会人になりたての方でも作成することができます。まずは、JCBゴールドを作成し、利用実績を積み上げていきましょう。

JCBゴールドとは?

JCBゴールド
初年度年会費無料「JCBゴールド」の審査基準と特典を解説!ザ・プレミアへのインビテーション条件は?

JCBゴールドを取得したら、とにかく使い倒すことがポイントです。ボクは携帯料金をはじめとした固定費用は、すべてJCBゴールドでの決済を行いました。

JCBゴールドは100万円以上の利用を2年間継続すると、「JCBゴールド ザ・プレミア」というワンランク上のゴールドカードに切り替えることができます

JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件

・JCBゴールド利用合計金額(期間|12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上
・本会員の方が会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」に受信可能なEメールアドレスを登録していること

上記要件を満たすと、JCBからメールにてインビテーションが届きます。実際にボクが受け取ったインビテーションメールを紹介しておきます。

「JCBゴールド ザ・プレミア」インビテーションメール

「JCBゴールド ザ・プレミア」インビテーションメール

「JCBゴールド ザ・プレミア」へ切り替わったら、あとは利用実績を積み上げていくのみです。少額でも構わないので、とにかくコツコツとJCBへの愛を決済でアピールしていきましょう。

JCBゴールド・ザ・プレミアとは?

JCBゴールド・ザ・プレミア
JCBゴールドからのインビテーションで取得できる「JCBゴールド・ザ・プレミア」の招待条件と審査基準

なお、「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待は、JCB金融機関のキャッシュカード機能付きクレジットカードやJCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ、JCBゴールド/PARTNER WITH POINT、JCB GOLD EXTAGE、JCB CARD W、JCB CARD W plus L、JCB CARD Bizなどは対象外なので、注意が必要です。

JCBプラチナから修行を積む

JCBオリジナルシリーズの「JCBプラチナ」を発行し、コツコツと利用実績を積み上げていく方法です。

このルートは「JCBプラチナ」が登場した2017年10月以降に作られたルートです。

JCBプラチナの申込要件は、25歳以上となっており、このルートはプレミアムなカードを持ちながらザ・クラスを目指したいという社会人にオススメです。

JCBプラチナとは?

JCBプラチナ
ザ・クラスを目指せる「JCBプラチナ」の審査基準やグルメベネフィットなどの豪華特典を徹底解説!

JCBプラチナを取得したら、とにかく使い倒しましょう。ボクがオススメする使い方は、携帯料金をはじめとした固定費用をJCBプラチナで決済するだけではなく、職場をうまく活用することです。職場で飲み会があったら、幹事への立候補を率先して行いましょう。

基本的に幹事をやりたいとは思う人は少ないと思うので、みんなに喜ばれると同時に、みんなのお金で決済金額をしっかりと積み上げることが出来るのです。

センスある店選びができれば、職場での評価も上がります。すると、また幹事の役回りが回ってくること間違いなしです(笑)


この記事では、インビテーション到着までの決済履歴など、JCB THE CLASS (JCBザ・クラス)を手にするまでの軌跡について紹介しました。

みなさんもぜひ、「JCBザ・クラス」を目指し、プレミアムな1枚にふさわしいサービスとおもてなしを堪能、体感してみてはいかがでしょうか。

ごーと
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。他の記事もよかったらのぞいてみてください。よろしくお願いいたします。




-クレジットカード

© 2020 toushiseikatsu365 All right reserved.