マリオットボンヴォイアメックス 旅行・宿泊記

「ザ・プリンスさくらタワー東京」宿泊記!子連れでも安心のホテルステイの様子をブログで紹介!

ザ・プリンスさくらタワー東京宿泊記

ごーと
みなさんこんにちは。
ごーとです。

四季折々の景色と調和した空間を特徴に持つ品川エリアで人気のハイクラスホテル「ザ・プリンスさくらタワー東京」に家族3人で宿泊してきました。

この記事では、子連れでも安心して楽しめる「ザ・プリンスさくらタワー東京」の魅力をたっぷりお伝えするとともに、客室や食事の様子なども含めた1泊2日の宿泊記をお届けします。

\この記事はこんな人におすすめ/

✔ ザ・プリンスさくらタワー東京へ宿泊検討中の人

✔ 子連れで高級ホテルに宿泊したい人

✔ ザ・プリンスさくらタワー東京に興味がある人

今回の宿泊は、赤ちゃんを連れての宿泊でしたが、不安もなく快適にホテルステイを楽しむことができ、一生の思い出を作ることができました。

それでは、「ザ・プリンスさくらタワー東京」の魅力を余すことなく、徹底的にお伝えしていきます。ぜひ、ゆっくりと、じっくり読み進めていただければと思います!




ザ・プリンスさくらタワー東京とは?

「ザ・プリンスさくらタワー東京」は、品川駅徒歩3分という好立地に位置する四季折々の景色と調和した空間が楽しめるラグジュアリーホテルです。

ザ・プリンスさくらタワー東京 外観

ザ・プリンスさくらタワー東京 外観

「ザ・プリンスさくらタワー東京」は、288客室を擁する14階建てのホテルになっており、隣接する敷地には、プリンスホテルグループ運営のグランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪があります。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ザ・プリンスさくらタワー東京

「ザ・プリンスさくらタワー東京」は、一流のホスピタリティを格付けする「フォーブス・トラベルガイド2022」のホテル部門において、4年連続となる4つ星を獲得したことでも知られており、インバウンド需要取り込みのために、マリオットインターナショナルに加盟し、オートグラフコレクションにも名を連ねています。

ホテル概要

名称 ザ・プリンスさくらタワー東京
オートグラフコレクション
所在地 東京都港区高輪3-13-1
電話番号 03-5798-1111
開業日 2013年9月14日
規模 地上14階建
客室数 288室
チェックイン 15:00
チェックアウト 12:00
添い寝条件 6歳未満無料
駐車場 1,500円(宿泊者|24時間最大)
ダイニング 2か所
クラブラウンジ あり

客室概要

「ザ・プリンスさくらタワー東京」の客室は、4階から14階フロアにあります。

最もスタンダードな客室がデラックスルーム、最も高級な客室はさくらスイートという客室です。

客室 広さ
デラックスキング 46.07㎡
デラックスツイン 46.07㎡
デラックスコーナーキング 39.84㎡
サウスサイドデラックスキング 46.07㎡
サウスサイドデラックスツイン 46.07㎡
タワーサイドデラックスキング 46.07㎡
タワーサイドデラックスツイン 46.07㎡
タワーサイドデラックスコーナーキング 52.97㎡
プレミアコーナーツイン 52.97㎡
さくらスイート 85.91㎡

どの客室もかなり広々とした空間になっており、赤ちゃんや子連れに優しいホテルだと個人的に思いました。

ホテルへのアクセス

「ザ・プリンスさくらタワー東京」は、品川駅から徒歩3分の好立地に位置しています。

車でのアクセス

各首都高速出口:芝公園I.C.から約12分、目黒I.C.から約10分、大井I.C.から約17分、五反田I.C.から約8分

電車でのアクセス

JR線、京浜急行品川駅(高輪口)から徒歩約3分


ザ・プリンスさくらタワー東京へのチェックイン

ホテル宿泊者は駐車場が無料に?

ボクたちは、車でホテルまで向かいました。

「ザ・プリンスさくらタワー東京」には、隣接するグループホテルも含め、駐車場が1,000台用意されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京 車路

1泊1,500円という案内がホームページにはありましたが、今回は無料。

マリオットボンヴォイアメックスのおかげなのかもしれません。

ザ・プリンスさくらタワー東京 駐車場

ザ・プリンスさくらタワー東京 駐車場

駐車場の案内も見やすく表示されており、安心して駐車場を見つけることができます。

洗練されたエントランスアプローチ

駐車場からホテルのフロントまでは、わずか1分程度の距離。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ザ・プリンスさくらタワー東京 エントランス

迷うことなく、エントランスまで向かうことができます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エントランスアプローチ

ザ・プリンスさくらタワー東京 エントランスアプローチ

エントランスからホテル館内までのアプローチは、バリアフリーエリアが中央でしっかりと分断されています。

子連れでもベビーカーでスムーズにホテル館内に入ることができます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エントランス

ザ・プリンスさくらタワー東京 館内入口

アプローチを進んでいくと、ほどなくして、ホテル館内への入り口が見えてきます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 ホテル館内入口

ザ・プリンスさくらタワー東京 ホテル館内入口

早速ホテル館内へと入ってみます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エントランスオブジェ

ザ・プリンスさくらタワー東京 エントランスオブジェ

光り輝くオブジェが印象的でした。手指の消毒を済ませて、チェックインカウンターへと向かいます。


エグゼクティブフロアへアサイン

チェックインフロアは、ラグジュアリーな雰囲気に包まれており、いい香りがしました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 チェックインフロア

ザ・プリンスさくらタワー東京 チェックインフロア

チェックインカウンターは3か所ほどあり、ゆっくりとくつろぐスペースも用意されていました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 チェックインフロア

ザ・プリンスさくらタワー東京 チェックインフロア

チェックイン時には、1人1つのおしぼりが提供され、ちょっとしたおもてなしが印象に残りました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 チェックインフロア

ザ・プリンスさくらタワー東京 チェックインフロア

今回は、マリオットボンヴォイポイントでの宿泊で、デラックスキングルームを予約。

部屋自体のグレードアップはありませんでしたが、最上階エグゼクティブフロアの客室にアサインされました。

そして、レイトチェックアウトを希望し、チェックアウト時間を14時まで延長しました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エレベーター

ザ・プリンスさくらタワー東京 エレベーター

客室へと向かうエレベーターは3機。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エレベーター

ザ・プリンスさくらタワー東京 エレベーター

カードキーをかざすと、自動で客室フロアが点灯。ワクワクしながら、客室へと向かいます。


エグゼクティブフロアデラックスキングルーム

今回アサインされたデラックスキングルームは、14階エグゼクティブフロアの客室です。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エグゼクティブフロア

ザ・プリンスさくらタワー東京 エグゼクティブフロア

広々40㎡超えの豪華客室

長い廊下を通って、客室へと向かいます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 エグゼクティブフロア

ザ・プリンスさくらタワー東京 エグゼクティブフロア

今回宿泊したデラックスキングルームは、46.07㎡の客室面積があり、かなり広々としています。

ザ・プリンスさくらタワー東京 デラックスキングルームレイアウト

デラックスキングルームレイアウト 出典:ザ・プリンスさくらタワー東京公式サイトより引用

客室全体のレイアウトはこんな感じになっています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

大きな窓にテンションが上がる息子

客室に入ると、真正面に大きな窓があり、印象的でした。普段見ない景色に息子が大興奮していて嬉しかったです。


洗練されたブロアバス付きバスルーム

それでは、客室内の様子を紹介していきます。まずは、洗面台とバスルームの水回りから。

ザ・プリンスさくらタワー東京

バスルーム

洗面台とバスルームは、客室に入ってすぐ右側にあり、大きなバスタブとシャワーブースが設置されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ブロアバス

疲れを癒してくること間違いなしのブロアバス。ゆったりと広々としているため、赤ちゃん・子連れでも安心です。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ブロアバススイッチ

お湯を張り、スイッチ1つでブロアバスに入ることができます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ダブルシンク

バスルーム内のシンクは、ダブルシンクになっており、こちらも広々と使うことができます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ダブルシンク

シンク周りには、ドライヤーをはじめ、ミニタオル、グラス、ソープが置かれていました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

バスアメニティ

ダブルシンクの後ろには、豊富なラインナップのアメニティがずらりと置かれていました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

バスローブ・バスタオル

その他、バスタオルやバスローブなどのアメニティも揃っています。


現代的な和空間が広がるベットルーム

続いてベッドルームを紹介します。

ザ・プリンスさくらタワー東京

キングベッド

2,200㎜×2,000㎜のキングサイズのベッドがドーンを配置されています。

大人2人と子どもの3人で寝ましたがそれでも十分すぎるくらいの大きさでした。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ベッドルーム

ホテルコンセプトである「日本庭園の四季折々の風景と調和する現代的な和の空間」をまさに体現したしつらえがベッドボードにあり、日本らしさが感じられます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

リビングスペース

また、客室内の敷かれている絨毯のデザインにも桜の花びらが描かれており、和を感じることができました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ベッドサイド(左側)

左側のベッドサイドには、時計、メモ、電話が置かれています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ベッドサイド(右側)

右側のベッドサイドは、何も置かれていません。なお、コンセントの差込口はそれぞれ1つずつ配置されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

テレビボード

ベッドの向かいには、テレビボードがあり、テレビ、デスク、コーヒーマシーン、デジタルオーディオプレーヤーなどが置かれています。


客室内にある設備・備品

その他の客室内設備や備品を紹介していきます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

客室内トイレ

客室内に入って左側には、ウォシュレット機能付きのトイレが備えられています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

客室内トイレ

トイレ内で手を洗うこともできます。あまり出会うことのないタイプのトイレです。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ラゲッジスペース

バスルームの真向かいにはラゲッジスペースがあります。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースには、ハンガーラックの他、アイロン・アイロン台などが置かれています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

使い捨てスリッパ

また使い捨てスリッパも置かれており、こちらは持って帰ることができるアメニティの1つです。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ナイトウェア

バスルームにあったバスローブだけではなく、ナイトウェアもしっかりと用意されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

テレビボード

テレビボードの上には、インターネットサービスに必要なLANケーブル類が入ったボックス・無料のミネラルウォーター・コーヒーマシンが置かれています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

LANケーブル類

LANケーブル類のほか、スマホの充電に使えるケーブル類も一式揃っています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

デスク周り

テレビボードの右側は、ミニデスクになっています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

デジタルオーディオプレーヤー

ミニデスク周りには、デジタルオーディオプレーヤーが置かれています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

空気清浄機

客室内には、シャープのプラズマクラスターの空気清浄機もありました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

おむつ用ゴミ箱

また、今回の宿泊では、事前に赤ちゃんを連れていくとの連絡をしていたため、おむつ用ゴミ箱が用意されていました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

キッズアメニティ

その他、キッズ用アメニティもベッドの上に置かれていました。


ミニバー・ドリンクアメニティ

客室内には、ミニバーとドリンクアメニティの用意がありました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ミニバー

客室内冷蔵庫には、ソフトドリンクをはじめ、アルコールなどがミニバーとして、販売されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ミニバー

他のホテルと比べ、ソフトドリンクが充実しているなという印象。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ミニバー

また常温のリキュールをはじめ、チョコレートなども用意されています。その他、紅茶と緑茶のティーバッグは無料で飲むことができます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

グラス類

ティーカップやグラス、ワイングラスなどもそれぞれ2つずつ用意されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

コーヒーカプセル

個人的にかなり嬉しかったには、無料のコーヒーカプセルです。

ザ・プリンスさくらタワー東京

コーヒーカプセル

4種類のフレーバーが用意されており、優雅なコーヒータイムを過ごすことができました。

ザ・プリンスさくらタワー東京での食事

ボクたちは、宿泊日の夕食は周辺施設で、翌朝の朝食はインルームダイニングサービスを利用しました。

インルームダイニング

ホテル内にはレストランのほか、客室での食事を楽しめるインルームダイニングサービスがあります。

インルームダイニングメニュー

サービスガイド

客室内に設置されているサービスガイドの中に、インルームダイニングのメニューが記載されています。

ザ・プリンスさくらタワー東京

インルームダイニングメニュー

ザ・プリンスさくらタワー東京の朝食

朝食は、チェックイン手続き時にご案内があり、予約なしで利用できるとのことでした。

1階にある「リストランテ カフェ チリエージョ」のほか、インルームダイニングでも利用できます。

今回は、息子のことも考えてインルームダイニングを利用することにしました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

インルームダイニングでの朝食

朝食メニューは、和食と洋食の2種類が用意されており、今回は和食と洋食を1つずつオーダーしました。

朝食の価格やメニューについては、下記の記事でかなり詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

「ザ・プリンスさくらタワー東京」の豪華朝食

ザ・プリンスさくらタワー東京 朝食
「ザ・プリンスさくらタワー東京」豪華朝食メニュー!インルームダイニングでの優雅な朝をブログで紹介!


リラクゼーションフロア

最後に、「ザ・プリンスさくらタワー東京」の地下1階にあるリラクゼーションフロアについて紹介しておきます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

リラクゼーションフロア

宿泊者限定のサウナ&ブロアバス

地下1階フロアは、リラクゼーションフロアになっており、宿泊者が無料で利用できるブロアバスやサウナ、フィットネスジムなどがあります。

ザ・プリンスさくらタワー東京

リラクゼーションフロア

地下1階へと降り、案内に従って進むと、有人の受付窓口があります。

ザ・プリンスさくらタワー東京

サウナ&ブロアバス受付

受付で、客室番号を伝えると、バスタオルと専用カードキーが渡され、サウナ&ブロアバスの利用ができます。

ザ・プリンスさくらタワー東京

サウナ&ブロアバス

ドライサウナとミストサウナの2種類のサウナと大きなブロアバスがあり、リフレッシュすることができました。

ザ・プリンスさくらタワー東京

リラックスラウンジ

入浴後は、リラックスラウンジでゆっくりと休むことができます。

無料のマッサージチェアがあるのも、うれしいポイントではないでしょうか。

 

みなさんもぜひ、「ザ・プリンスさくらタワー東京」への宿泊をして、優雅で贅沢な非日常を体感してみてはいかがでしょうか?

ごーと
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。他の記事もよかったらのぞいてみてください。よろしくお願いいたします。